ローヤルゼリーで健康に

王乳と呼ばれる所以とは?

ローヤルゼリーの成分を調査!」で解説していますが、ローヤルゼリーにはさまざまな有効成分が含まれています。
これらの有効成分は、生活習慣病やうつ病・冷え症や肩こりなどに効果を発揮します。
さらに、配合される栄養素は40種類にもおよび、またその歴史も長いといいます。
そのため、現在もローヤルゼリーは高い評価を受けているのです。

そして、ローヤルゼリーはまたの名を「王乳」と呼ばれています。
この呼び方は日本だけのものですが、その効果・効能の有用性を窺い知ることができますね。

なぜ王乳と言われるようになったのでしょうか?
それには「女王バチ」との関係が強く影響していると考えられます。

そもそもローヤルゼリーは、巣の中のハチにとって特別な存在である「女王バチ」に献上するために作られた 特別な食事のことを指しています。
これらの作り手となるのは働きバチですが、働きバチが食べることはできません。
女王バチのために作られた女王バチだけの食事なのです。

とはいえ女王バチも生まれたときは働きバチと見た目も遺伝子も特に差はありません。
しかし、「選ばれる」ことによってローヤルゼリーを食す権利が与えられるわけです。
つまり蜂は「生まれ」ではなく「育ち」で身分が決まるわけです。
食べるか食べないかによって、身体の大きさは2倍・3倍の違いが生まれるうえに、
寿命に関しては40倍ちかくの差がでます。
女王バチはこのおかげで強く育ち長く生きるのです。

これらがローヤルゼリーが王乳と呼ばれる所以と考えていいでしょう。
この素晴らしい効果・成分を持つローヤルゼリーを摂取する事で健康的な生活を手に入れたいものですが、
ローヤルゼリーは医薬品ではありません。
(「ローヤルゼリーの副作用とは?」で詳細に解説しています。)
つまり即効性がないのです。
効果を実感するためには継続して飲み続けることが肝要となります。

継続的服用と大きくかかわる製品タイプについては、
様々な製品タイプで解説しているので、あわせてご覧ください。