ローヤルゼリーで健康に

鮮度が命!生ローヤルゼリー

様々な製品タイプ」でも簡単にふれましたが、
生ローヤルゼリーはもっとも典型的なローヤルゼリーのタイプです。
そもそも生タイプは、採取したてをそのまま瓶づめしたものですから、
当然純度は100パーセントですし、鮮度も高いものがほとんどです。
とはいえ、読んで字のごとく「生」ですから保存が難しいというのが難点です。

またhttp://www.puqo.org/10ho.htmlにも書いてあるように、生タイプは保存がなによりも重要なポイントとなります。
生命線ともいうべき栄養純度の高さは、鮮度が落ちるにつれて失われていく という特徴もあわせもっているのです。

このことから、メーカーも鮮度に十分な注意を払います。
具体的には保存方法をしっかりと管理するわけです。
そうなると自ずと価格も高くなってしまうこともあり、これも生タイプのデメリットとして挙げられます。

とはいえ、豊富に栄養分を含んでいることから今尚、高い評価を受けており、
生タイプにこだわっているという方も多数いらっしゃるほどです。

先述したように生ローヤルゼリーは鮮度が命ですから、当然家庭でも保存方法に十分な注意を払わなくてはいけません。

乾燥ローヤルゼリーなどは、カプセルにはいって販売されていることが殆どですから、
特別な保存方法は必要ありません。
日の当たらない場所で保存すれば、それだけで良いでしょう。

しかし、生タイプの場合は冷蔵庫での管理が必要不可欠です。
常温でも「デセン酸」の防腐作用によって、ある程度の品質を維持することはできますが、あまり日持ちはしません。

生ローヤルゼリーは、スーパーなどで購入する生鮮食品と同じような感覚で扱うのが理想的です。

上記の内容をふまえると、一見「生ローヤルゼリー」にはデメリットが多いように感じるかもしれませんが、
豊富な栄養素をそのまま摂取できることや高品質であることは、非常に有用性が高いといえます。
また、生タイプを服用する際は保存方法に十分に注意しましょう。

また、こちらのローヤルゼリーとアレルギーについての記事http://zadeline.com/allergy.htmlも大変興味深いです。